このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
川越市
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Foreign Language
  • サイトマップ
  • 安全・安心
  • くらし
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 市政
  • 観光
サイトメニューここまで

現在のページ

  1. トップページ
  2. 健康・福祉
  3. 保健所・保健センター
  4. 母と子の健康
  5. 母子健診
  6. 新生児聴覚検査を受けましょう

本文ここから

新生児聴覚検査を受けましょう

最終更新日:2022年6月30日

川越市では、赤ちゃんに新生児聴覚検査を安心してお受けいただくために、検査費用の一部を助成します。

新生児聴覚検査とは?

赤ちゃんの聴覚に問題がないかを早期に発見する検査です。
聴覚の問題を早期に発見し、適切な治療を行うことで、赤ちゃんの言葉の発達と心の成長に大きな効果が期待できます。

どのような検査ですか?

お子さんが眠っている間に、小さな音を聞かせて反応を測定する検査です。検査は数分から10分程度で安全に行うことができ、痛みや検査による副作用はありません。

対象者

次の要件を満たしているお子さん

  • 初回新生児聴覚スクリーニング検査を受けた日に、保護者が川越市に住民登録されていること

対象となる検査と助成上限

  • 自動ABR:3,000円
  • OAE:3,000円

※上記検査のうち、いずれか1回のみ
※検査費用が3,000円を超えた場合、その差額は保護者の負担となります。
※原則、生後1ヶ月までに受けた検査が対象です。ただし、検査を実施していない病院で出生した場合や、未熟児など特別な配慮が必要な児については、医師の判断により生後6ヶ月に達する日まで有効です。

助成券の交付と助成の受け方

妊娠届の提出時に、「妊婦健康診査・新生児聴覚検査助成券、出生連絡票」をお渡しします。
お子さんが多胎児の場合、2人目以降のお子さんの助成券については、母子健康手帳追加交付に併せて交付します。

助成券に綴られている「新生児聴覚検査助成券」を委託医療機関に提出し、検査を受けてください。検査費用から上限額(3,000円)が差し引かれます。

里帰り出産等の方(助成金交付(償還払い))

里帰り出産等で、川越市と委託契約をしていない医療機関で新生児聴覚検査を受け、費用を自己負担した場合は、助成金交付(償還払い)の対象となります。
検査を受けた日の翌日から起算して1年以内に申請が必要です。
申請方法は、健康づくり支援課健康づくり支援担当(049-229-4121)までお問い合わせください。

委託機関一覧

委託機関一覧は、契約状況により随時更新します。最新状況は、健康づくり支援課へお問い合わせください。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

保健医療部 健康づくり支援課 健康づくり支援担当(川越市総合保健センター内)
〒350-1104 川越市小ケ谷817番地1
電話番号:049-229-4121(直通)
ファクス:049-225-1291

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

川越市役所

〒350-8601 埼玉県川越市元町1丁目3番地1
電話:049-224-8811(代表) ファクス:049-225-2171(代表FAX番号)
(C)2015 Kawagoe City All Rights Reserved
フッターここまでこのページのトップに戻る