このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
川越市
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Foreign Language
  • サイトマップ
  • 安全・安心
  • くらし
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 市政
  • 観光
サイトメニューここまで

本文ここから

川越都市景観シンポジウム

最終更新日:2022年7月27日

川越市市制施行100周年記念事業令和3年度川越都市景観シンポジウム

市民・事業者の皆さんと市が、共に都市景観への理解を深め、優れた都市景観の創造を目指すため、令和4年1月22日(土曜)に令和3年度川越都市景観シンポジウムを開催しました。
※令和3年度(第16回)かわごえ都市景観表彰表彰式と同時開催。

日時

令和4年1月22日(土曜)
午前10時30分から午後1時15分まで

会場

ウェスタ川越多目的ホールA・B
川越市新宿町1-17-17

定員 先着100名
内容

令和3年度(第16回)かわごえ都市景観表彰表彰式
西川亮先生による「歴史を生かしたまちづくりと観光のこれからを考える」をテーマとした講演
立教大学×武蔵野銀行の産学連携事業による川越まち歩きマップ「ぶらって川越」贈呈式
立教大学観光学部西川研究室による「まち歩きマップ作成事業」の事業報告
市制施行100周年を迎えた川越の景観の歩み(展示)

講演者

西川亮さん
1985年、神奈川県生まれ。東京大学大学院修士課程修了後、(公財)日本交通公社研究員を経て、2018年東京大学大学院都市工学専攻博士課程修了。同年より立教大学観光学部助教。2021年より同大学観光学部准教授。
専門は都市計画・観光まちづくり。観光をめぐる空間政策・計画の戦前・戦後史を研究すると同時に埼玉県内を中心に地域固有の価値を生かした観光まちづくりに多く携わる。主な著書に、「観光地経営の視点と実践」、「ポスト・オーバーツーリズム」など。
立教大学観光学部西川研究室
都市計画やまちづくりの視点から、観光客や観光産業だけでなく、地域住民にとって望ましい観光のあり方を考え、地域での実践とそれに踏まえた理論化を目指し、地域の事業者や行政とともに、地域活動を取り組んでいる。

本イベントは埼玉県からの、イベント開催時の感染防止安全計画等の作成の要請にあわせ、感染防止策チェックリストを作成・公開しています。

イベント当日の様子

大きな画面でご覧になりたい場合には、動画内にて再生前の左下に表示される「YouTube」のボタン、もしくは再生中に右下に表示される「YouTube」のボタンを押していただきますと、YouTubeのページに移りますので、そちらからご鑑賞ください。

関連情報

ダウンロード

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

都市計画部 都市景観課 都市景観担当
〒350-8601 川越市元町1丁目3番地1
電話番号:049-224-5961(直通)
ファクス:049-225-9800

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

川越市役所

〒350-8601 埼玉県川越市元町1丁目3番地1
電話:049-224-8811(代表) ファクス:049-225-2171(代表FAX番号)
(C)2015 Kawagoe City All Rights Reserved
フッターここまでこのページのトップに戻る