川越市

【返還中】川越駅西口駅前広場の手形(タイムカプセル)について

更新日:2022年9月13日

手形(タイムカプセル)返還しています。返還期間令和4年12月28日まで

平成3年に社団法人川越青年会議所が主催して、市内小学6年生を中心に約1,700名が手形(いちごパック大の容器にモルタルを流し込み、思い出の品などを入れて手形を押したもの。縦約25cm×横約20cm×高さ約5cm。)を作成し、川越駅西口駅前の噴水広場内に設置されたものです。
市制施行100周年に「タイムカプセル」として参加者に返還することとされていました。

»»設置当時の様子««

赤枠内の記事が手形に関する内容です。

しかし、平成23年に川越駅西口駅前広場の改修工事に伴い、川越青年会議所により前倒しで手形を返還することとなり、返還事業が実施されましたが、約1,400個の手形が返還できずに残りました。
これらは、「川越市立教育センター」(地図へリンク)に移設して市制施行100周年となる令和4年まで同センターで返還を受け付けています。

改修前、改修後の川越駅西口駅前広場の写真、手形の写真

手形の返還について

手形の返還を受けるには、「川越市立教育センター」(地図へリンク)にお越しいただき、ご自身で手形を特定していただく必要があります。

手形の特定は、「川越駅西口駅前広場 手形配置図」から手形が設置された位置(ブロック番号、位置番号)を確認した上で、教育センターで直接現物をご確認ください。

※当時手形が設置された場所やご自身の手形の特徴(名前やイニシャルが彫ってあるなど)が思い出せると特定しやすいです。
※手形の特定に時間を要するケースが多いため、時間に余裕をもってお越しください。
※教育センターにお越しになる際は、必ず事前に同センターに電話にてご連絡ください。(通常業務があるため、お越しいただく日時などを調整させていただくことがあります。)

なお、手形の返還期間は市制施行100周年で終了となるため、令和4年(2022年)12月28日までとなります。
返還を希望される方は、早めにお越しください。

手形返還の手順

1. 「川越駅西口駅前広場 手形配置図」を開く。
2. 自分の手形が設置された場所を思い出す(あたりを付ける)。
  (東側ゾーン、西側ゾーン、噴水(東)ゾーン、噴水(西)ゾーン)
3. 該当するゾーンの手形配置図と写真を見て(自分の手形の特徴を思い出して)、
  自分の手形のブロック番号と位置番号を特定する(あたりを付ける)。
4. 教育センターに電話連絡する。
  (通常業務があるため、お越しいただく日時などを調整させていただくことがあります。)
5. 教育センターに行き、該当する保管箱にある現物を確認する。
  (手形の特定に時間を要するケースが多いため、時間に余裕を持ってお越しください。)
6. 現物を確認できたら、お持ち帰りください。

手形返還の受付(要事前連絡)

川越市立教育センター
住所:川越市大字古谷上6083-10
電話:049-235-7591
E-mail:kyoikucenter★city.kawagoe.lg.jp
「@」部分を「★」で記載しています。
受付時間:平日9時00分から16時30分(12時00分から13時00分を除く)

その他お問い合わせ先

川越駅西口まちづくり推進室 総合整備推進担当
住所:川越市新宿町1-12-8
電話:049-245-6011
E-mail:nishiguchi★city.kawagoe.lg.jp
「@」部分を「★」で記載しています。

お問い合わせ

川越市立教育センター
川越市大字古谷上6083-10
電話番号:049-235-7591(直通)
E-Mail:このページの作成担当にメールを送る

市のトップへ戻る